谷崎潤一郎の作品は
毎度読むときに、新しい衝撃と震撼がきてくる。
この卍は、あたかも悪魔で、足りない耽美のような、
芸術の極致までもいたるものであると思います。

前に、Louisとともに見に行った「Slow」を題名した現代美術の展覧会で、
「姉妹」という作品があったが、当時はその作品の深みがよくわからないから
(歓談な紹介あるけど)、ちょっとつまらないって、そのまま展覧室から出た。

でも、この作品をよんだ始めに、その「姉妹」の真意を見抜いたと私がそう思いました。

背景としてのは京都のおばあさんが卍を読んでいった声であって、
散乱で放置したままの蒲団に座って、室の中央が四つの姉妹であった。
その姉妹たちは時にまぶたを閉じ込んで又開いて、順番で終わらないように続いていた。

本を読んだから、其の中に込めた強烈な嫉妬と情熱が分かった。
なるほど、そうだったか?
其の作品の中に隠されたものは、この写真では見えないスキャンダルのか!?と、
それにしても、そんなことはあくまで自分なりの作品に対する解釈が知ってるが、
そういう感じは禁じを得なくて、

で、私はこの作品ならびに谷崎に言葉がないほど感動しました。

有 “ 2 則迴響 ”

  1. オオオ感謝しますわ!<br />
    あなたは私にそういうことを話さなかったら、<br />
    当日私はきっとこのくだらない件でイライラするわ…..<br />
    ありがとう。

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com 標誌

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 /  變更 )

Google photo

您的留言將使用 Google 帳號。 登出 /  變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 /  變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 /  變更 )

連結到 %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.